メモ

メモ未来の自分のために

 

未来の自分のために

自信は育てるもの

そもそも「自信」とは 辞書によれば自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。とあります。 なぜ自信がない 辞書に書かれている内容を見ながら自分はどうだろう。 どれも当てはまる...
未来の自分のために

不安を手放す

私たちは常に不安を抱えながら日々を送っています。 なくならない不安とどう付き合っていくのか、それによって心の安定を手に入れることができるかもしれません。 不安とは 不安は自分で作り出しているものがほとんどです。 不...
未来の自分のために

人との関わり

私たちは今現在も他人との関わり合いの中で生きています。それは人生を終えるまで続きます。 自分を形成しているもの 私たちは、この世に産まれてきてから両親を中心に多くの他人と接して生きてきました。 その中で計り知れない影響を...
未来の自分のために

二極化思考

私たち依存症者にとって比較的多いのは0:100思考の持ち主です。 二極化、白か黒の答えしかありません。グレーゾーン(柔軟性)を持ち合わせていないのです。 そのことは選択肢をあえて捨ててると言っても過言ではありません。 臨...
未来の自分のために

とりあえずはじめてみませんか?まずは体を動かしてみましょう

これまで私は特になにかに興味を持てることもなく過ごしてきました。 依存症者であったことが一番の原因だと思われますが、飽き性のうえはじめに意気込んでしまったり理想が高すぎて、しんどいとかめんどくさい気持ちが勝って続かないことばかりでし...
未来の自分のために

書籍紹介「超習慣術」

依存症者が対象から遠ざかろうとすると生活の中心だったものが、いきなりなくなるわけですから、ぽっかりと空いてしまった時間をどうやって埋めてよいのかわからなくなります。 なにをすればいいのかわからないという問題は別の記事で取り上げますが...
未来の自分のために

書籍紹介「遅読家のための読書術」

私は読書が大の苦手でした。というのも一字一句黙読し、同じ行を繰り返し読んでいたりで一冊の本を読むのに何日もかかっていました。 かといって沢山の情報が頭に残っているかといえば、ほとんど記憶に残っていませんでした。 合間に図書館に...
未来の自分のために

書籍紹介「自分のリミッターをはずす」

私は昔に気功など「気」に興味があり体験教室に参加した事もあります。 しかし今回は潜在意識からたどり着いた一冊がこちらの書籍でした。 書籍の主な内容 催眠編気功編古武術編 今回の書籍はタイトルどおり、自らを変性意識状...
未来の自分のために

書籍紹介「マインドフルネスの教科書」

依存症について考えるとき…依存症の回復を目指すときにやめ続ける努力だけではなく同時に心のケアも行いながら進めるべきだと考えています。 精神的な問題が依存症の原因になるケースもあれば、依存症になることによって精神的な問題を引き起こす場...
タイトルとURLをコピーしました